八戸シティ法律事務所では、顧問先をはじめとする地域の企業・法人様から、契約書の作成に関するご相談・ご依頼を承っております。契約書の作成を弁護士に依頼することには、次のようなメリットがあります。

1 自社の利益の確保とリスクの回避

契約を締結する際に、市販の契約書・契約書のひな型をそのまま流用しているケースも少なくありません。しかし、市販の契約書・契約書のひな型には、自社にとって不利な条項が含まれていることも考えられます。これでは、取引上のトラブルが発生した場合に、自社が大きな損害を被るおそれがあるため、非常に危険です。

この点、契約書の作成を弁護士に依頼することで、自社の利益の確保とリスクの回避を重視して、契約書の中身を組み立てていくことが可能となります。一方で、自社の利益の確保とリスクの回避に躍起になるあまり、取引の相手方にとって過酷な内容を定めることは、取引の相手方の納得を得られず、円滑な取引の遂行を妨げることにもなりかねません。八戸シティ法律事務所では、自社の利益の確保とリスクの回避の点を重視しつつ、取引の相手方との信頼関係や円滑な取引の遂行にも配慮して、バランスの取れた契約書の作成を心掛けています。

2 取引における個別事情のカバー

取引に至る背景事情や取引当事者の考えは様々です。取り交わす契約書の内容は、このような取引における個別事情を十分に反映したものにするべきです。しかし、市販の契約書・契約書のひな型をそのまま流用していては、取引における個別事情をカバーすることはできません。

この点、契約書の作成を弁護士に依頼することで、個々の取引における背景事情やお客様のご希望を弁護士がヒアリングして、契約書の内容に落とし込むことが可能となります。八戸シティ法律事務所では、このような取引における個別事情のヒアリングを特に重視し、より事態に即した契約書を作成することに努めております。

3 将来のトラブルの回避

市販の契約書・契約書のひな型がそのまま流用されているケースを見ておりますと、法令や裁判例と整合せずに無効と判断されるであろう条項や、様々な解釈があり得るような不明確な条項が含まれているケースがあります。また、最新の法改正や裁判例の法理に対応していないものも散見され、取引上のトラブルを引き起こす原因となり得るため、非常に危険です。また、取引の内容、取引当事者の権利・義務や責任といった重要事項は、契約書の条項ですべて網羅する必要がありますが、これがおろそかになっている例も少なくありません。

この点、契約書の作成を弁護士に依頼することで、上記のような法的に問題のある条項ではなく、法令や裁判例に適合した明確な内容の条項をもって、契約書を構成していくことが可能となります。そして、八戸シティ法律事務所では、最新の法改正や裁判例の法理を日頃から研究するとともに、契約書の作成業務にあたっては、取引上のトラブルの種を残さないように、必要なポイント(重要事項)を明確かつ網羅的に契約書に盛り込んでいくように心がけております。

契約書についてはこちらもご覧下さい

契約書
●契約書のチェック
●契約書のチェックを弁護士に依頼するメリット
●契約書の作成
●契約書の作成を弁護士に依頼するメリット