損害賠償

損害賠償を請求したいとお考えの企業・法人様、損害賠償の請求を受けてお困りの企業・法人様はいらっしゃいませんか?

企業・法人が事業活動を行うにあたっては、様々なトラブルに巻き込まれるものです。時には、取引先や第三者に対して損害賠償の請求をしなければならないこともあります。また、損害賠償の請求を受けた場合には、自社の正当性を主張して請求に対抗し、あるいは、自社に過失がある場合にあっては、いかに損失を最小限に食い止めるかは、自社の存亡に関わる重大な問題となり得ます。

企業・法人が直面する損害賠償をめぐるトラブルとしては、継続的取引契約・売買契約・リース契約・不動産取引(不動産売買契約・不動産賃貸借契約)・請負契約などの取引上の損害賠償問題、消費者取引やPL事故(製造物責任)などに関する損害賠償問題、交通事故や労働災害などの事故による損害賠償問題、知的財産をめぐる損害賠償問題、労使関係や会社法関係に基づく損害賠償問題、国家賠償請求の問題など、事案の類型は多岐にわたります。

損害賠償をめぐるトラブルの解決にあたっては、損害賠償の責任を裏付ける法的根拠や事実関係について、緻密に調査・検討しなければなりません。また、賠償すべき損害額の算定に関して、賠償の対象とされる損害の範囲を適切に見極め、損害額の算定方法は法律や裁判例・裁判実務などを踏まえて適切な手法を用いた算定が必要となります。さらに、当事者双方に落ち度がある場合の過失相殺や、第三者の過失が関与している場合の責任負担の割合などが問題となることもあります。

このように、損害賠償をめぐるトラブルにおいては、様々な論点を一つ一つクリアしていくことが必要となります。そのため、損害賠償の問題に関する専門的な知識・経験が十分でなければ、適切な解決を図ることは困難であると言えます。損害賠償のことでお困りの場合には、まずは損害賠償の問題に精通した弁護士にご相談されることをお勧めいたします。

八戸シティ法律事務所では、これまでに、地域の企業・法人様から、損害賠償に関するご相談・ご依頼を多数お受けして、解決に導いてきた実績がございます。損害賠償の請求手続、損害賠償請求を受けた場合の対応、損害賠償の問題の発生を防止するための対策など、企業・法人様が抱える損害賠償の問題に関し、力強くサポートさせていただきます。是非一度、八戸シティ法律事務所にご相談いただければと存じます。

損害賠償についてはこちらもご覧下さい

損害賠償
●債務不履行責任に基づく損害賠償の問題
●契約不適合責任に基づく損害賠償の問題
●不法行為責任に基づく損害賠償の問題
●製造物責任に基づく損害賠償の問題
●交通事故による損害賠償の問題
●労働災害(労災)による損害賠償の問題
●医療事故による損害賠償の問題
●介護事故による損害賠償の問題
●公害による損害賠償の問題
●知的財産に関する損害賠償の問題
●労使関係に基づく損害賠償の問題
●会社法関係に基づく損害賠償の問題
●独占禁止法に基づく損害賠償の問題
●国家賠償請求の問題
●損害賠償の問題を弁護士に相談・依頼するメリット