「従業員との労働問題への対策・対応に不安を感じている」
「契約書の内容は社内でチェックしているが、自社にとってリスクのある内容になっていないかが心配である」
「支払が滞った債権の回収に頭を悩まされている」
「顧客等からのクレームについて、社内の判断だけで対応しているが、負担や不安が大きいと感じている」
「弁護士に相談したいと思うこともあるが、気軽に相談できる弁護士がいないため、社内の判断だけで決めてしまっており、不安を感じている」

このようなご不安やお悩みをお持ちの企業・法人様はいらっしゃいませんか?

顧問弁護士を付けていれば、日々の業務の中で発生する諸々のトラブルについて、いつでもお気軽にご相談いただくことができます。そして、弁護士から適時・適切なアドバイスを受けながら、安心して事業を進めていただくことが可能となります。顧問弁護士とは、企業・法人様の様々な法的課題について、迅速・適切な法律相談等の法的サポートを継続的に提供する弁護士のことを言います。

八戸シティ法律事務所では、多種多様な業種の企業・法人様との顧問契約を締結させていただいております。顧問弁護士の業務としては、①従業員との労働問題に関する法律相談や示談交渉の代理サポート、②従業員との労働問題を回避するための対策を講じるサポート、③取引先との契約書等の締結前チェック、④支払が滞った債権の回収に関する法律相談や回収手続の代理サポート、⑤顧客等からのクレームへの対応に関する法律相談や示談交渉の代理サポートなど、様々な法的サービスをご活用いただくことが可能です。

法務面や労務面での不安を取り除き、安心して事業に専念いただけるよう、八戸シティ法律事務所の顧問サービスの導入をご検討いただければと思います。

顧問契約についてはこちらもご覧下さい

顧問契約
●顧問弁護士とは
●顧問弁護士の選び方
●当事務所の顧問契約のポイント
●当事務所の顧問契約プランのご案内
●顧問先業種一覧