契約書チェックの重要性

企業・法人が安心して事業活動を進めていくためには、取引に当たって契約書を作成すること、そしてプロである弁護士によるチェックを受けることをお勧めします。

この点、市販の書籍やインターネット上で入手できる契約書のひな形を活用することも考えられます。しかし、このような契約書のひな形は、あくまでも一般的な契約条項を定めたものに過ぎず、個々の取引における個別的事情に適合するものではありません。また、このような契約書のひな形は、最新の法改正等を反映したものであるとは限りません。さらに、このような契約書のひな形は、通常は中立的立場からの一般例として作成されたものであるため、トラブルに発展した場合のリスクコントロールという観点が希薄なことも多いです。個々の取引の実情に合わせたオーダーメイド化が必ず必要です。

また、取引の相手方が提示してきた契約書を利用することも考えられます。しかし、このような契約書は、得てして、取引の相手方にとって有利な内容、自社にとって不利な内容となっていることが多いものです。取引の相手方のバックには顧問弁護士がいて、顧問弁護士の指導のもとに、もしトラブルに発展した場合には、取引の相手方の利益が守られる反面、自社が大きな損失を被るように、巧妙な戦略が仕掛けられているかもしれません。十分にご注意いただく必要があります。

八戸シティ法律事務所では、これまで、企業・法人様のトラブル案件を多数取り扱って参りました。取引関係におけるトラブル案件では、契約書の存在および内容いかんによって、有利不利が確実に左右されることを、何度も経験してきました。例えば、損害賠償額の上限規定や、契約の中途解約規定を設置することにより、取引上のミスによる損害賠償額を一定の範囲に収めるめることや、メリットのない取引関係をスムーズに解消することなどが可能となります。逆に、これらの規定を設けないことによって、損害賠償額が青天井となるリスクや、メリットのない契約関係に長期間縛られる事態に陥ることなどが想定されます。

このように、契約書の内容は、トラブルに発展した場合のリスクから企業を守り、かつ有利な解決を導くための重要な要素となるものです。したがって、契約書の作成・締結に当たっては、企業・法人のトラブル案件に精通した弁護士によるチェックを必ず受けていただきたいと思います。

弁護士にご相談ください

契約書のチェックを弁護士にご依頼いただくことによって、将来的に起こり得るトラブルを精査し、トラブル防止のための条項設置や内容修正を施すことが可能となります。また、損害賠償額の上限規定や、契約の中途解約規定などを設置することで、取引上のリスクをコントロールすることができます。さらに、契約締結前に弁護士が契約書の内容を整備させていただくことで、トラブルに発展した際に交渉や裁判を有利に進めることが期待できます。

八戸シティ法律事務所では、これまでに、地域の企業・法人様から、様々な契約書のチェック・作成の案件を多数お受けして参りました。企業・法人様がこれまで使用されてきた契約書の内容の見直しや、取引の相手方から提示された契約書案のチェックなど、契約書チェック案件の対応実績が豊富にございます。契約書のことでお悩みの企業・法人様がいらっしゃいましたら、八戸シティ法律事務所にご相談いただければと存じます。

また、八戸シティ法律事務所では、顧問契約を締結いただくことで、様々な法的サービスを継続的にご利用いただけるようになります。契約書の関係であれば、契約交渉段階での複数回のレビューから、契約締結段階のチェックまで、契約書の取り交わしをフルサポートさせていただくことや、契約書の締結事案が発生する都度、弁護士のチェックに回していただく体制を構築することなど、顧問契約によって、より迅速かつ柔軟なサービスを提供させていただくことが可能です。

契約書についてはこちらもご覧下さい

契約書
●契約書のチェック
●契約書のチェックを弁護士に依頼するメリット
●契約書の作成
●契約書の作成を弁護士に依頼するメリット