はじめに

知的財産の問題としては、知的財産権の侵害をめぐるトラブル、不正競争防止法違反をめぐるトラブル、ライセンス契約書のチェック・作成、ライセンス契約をめぐるトラブルなど、様々なものが考えられます。
これらの問題に適切に対応するためには、法律の専門家である弁護士のサポートを受けることをお勧めいたします。

知的財産権の侵害をめぐるトラブル

競合他社が自社の知的財産権を侵害していると思われる場合には、まずは弁護士にご相談ください。
一見すると競合他社が模倣品の販売等をしていると思われる場合でも、実際に知的財産権を侵害しているかどうかについては、慎重な判断が必要となります。
弁護士にご相談いただけば、自社の知的財産や競合他社の商品などを調査・分析し、必要に応じて弁理士とも協同して問題の解決に当たることが可能です。
そして、調査・検討の結果、競合他社が自社の知的財産権を侵害していると考えられる場合には、商品の製造・販売の差止請求や損害賠償請求の措置を講じます。

また、競合他社から、自社の商品が知的財産権を侵害しているとして、商品の製造・販売の差止や損害賠償を求める警告書が送付されてきた場合にも、早急に弁護士にご相談ください。
速やかに、競合他社が主張する知的財産権の内容を把握し、本当に自社の商品が競合他社の知的財産権を侵害しているのか、仮に裁判所が侵害と認定した場合にはどのような損失を強いられるのかなどを検討・判断し、対応方針を決定しなければなりません。
あくまで競合他社と争って勝ち目があるのか、勝ち目が薄いために示談による解決を目指すべきなのかなどを、迅速に判断する必要がありますので、一刻も早く弁護士にご相談されることをお勧めいたします。

不正競争防止法違反をめぐるトラブル

多くの企業・法人は、厳しい競争の中に身を置きながら、事業活動を展開しています。
そして、ときに競合他社の不正競争に直面することがあります。
このような場合には、不正競争防止法に基づく競合他社への警告書の送付や法的措置をもって、対抗していかなければならないこともあります。
不正競争防止法に基づく法的紛争への対応は、高度な専門性が要求される分野であり、緻密な調査・検討が不可欠となります。
競合他社による不正競争の問題でお困りの場合には、まずは法律の専門家である弁護士にご相談いただくことをお勧めいたします。

また、競合他社から、自社の行為が不正競争防止法違反に当たるものとして、不正競争の停止や損害賠償を求める警告書が送付されてきた場合にも、早急に弁護士にご相談いただくことが必要です。
このような場合には、一刻も早く、自社の行為が不正競争防止法違反に当たるものかどうか、競合他社と争って勝ち目があるかどうか、仮に裁判で敗訴した場合にどの程度の損失が見込まれるのかなど、慎重に検討したうえで対応方針を決定しなければなりません。
そして、競合他社との示談交渉あるいは訴訟等対応については、法律の専門家である弁護士のサポートが不可欠です。

ライセンス契約書のチェック・作成

ライセンス契約に係る契約交渉や契約書のチェック・作成においては、ビジネス的な要因や法律的な問題など、様々な要素を踏まえながら適切に対応していく必要があります。
ライセンス契約書のチェック・作成は、法律の専門家である弁護士にご相談いただくことをお勧めいたします。
ライセンス契約書のチェック・作成のポイントについては、次のリンク先ページをご覧ください。

●ライセンス契約書

ライセンス契約をめぐるトラブル

ライセンス契約をめぐる法的紛争としては、ライセンス料の支払に関するトラブル、契約違反による解除や損害賠償に関するトラブルなどが考えられます。
これらの法的紛争を適切に解決するためには、ライセンス契約書の内容、トラブルの背景にある事実関係、選択すべき紛争解決手段や法的措置など、専門的な判断が必要となります。
ライセンス契約をめぐるトラブルが発生した際には、法律の専門家である弁護士にご相談いただくことをお勧めいたします。

弁護士にご相談ください

以上のように、知的財産の問題を適切に解決するためには、専門的な検討・判断が必要となります。
知的財産の問題でお困りの企業・法人様がいらっしゃいましたら、まずは法律の専門家である弁護士にご相談いただくことをお勧めいたします。

知的財産についてはこちらもご覧下さい

知的財産
●特許権
●実用新案権
●商標権
●意匠権
●著作権
●不正競争防止法
●ライセンス契約
●知的財産の問題を弁護士に相談するメリット