1 業種

建設業

2 事案の概要

ご相談企業様から、入札における不正を行ったとする事実無根の疑惑を追及する内容の文書を流布されたとして、加害者らに対して、名誉棄損による損害賠償を請求したいとのことで、顧問弁護士である当方にご相談いただきました。

3 当事務所の対応

当事務所の弁護士は、上記の文書が証拠として手元にあるため、加害者らの違法行為が十分に立証できると判断し、速やかに、加害者らに対して、損害賠償を請求する旨の内容証明郵便を送付いたしました。
これに対し、加害者らは、名誉棄損の事実を認め、一定の損害賠償に応じる意向を示してきました。
当事務所の弁護士は、ご相談企業様と協議のうえで、加害者らとの間で、損害賠償金として200万円を支払わせる内容での示談を成立させました。

4 対応のポイント

企業・法人が名誉棄損の被害を受けるトラブルは、しばしば発生しています。
これを放置すると、名誉棄損が繰り返されたり、自社の信用に深刻なダメージを受けたりすることが懸念されます。
弁護士を活用することにより、適時、適切な対応を取ることが大切です。

No. タイトル
1 製造業 問題社員対応
2 卸売業・小売業 取引上のトラブル(商品の売買)
3 建設業 固定残業代(定額残業代)の制度の導入
4 住宅建築 債権回収
5 医療・福祉 クレーム対応
6 IT企業 契約書・規約のチェック(ITサービス関係の契約書・規約)
7 製造業 社内研修(労働問題など)
8 製造業 パワーハラスメント(パワハラ)対策
9 建設業 契約書作成(工事下請契約書)
10 医療・福祉 クレーム対応
11 住宅建築 クレーム対応
12 製造業 労働災害(労災)に関する示談書の作成
13 医療・福祉 クレーム対応
14 建設業 労働災害(労災)に関する示談交渉
15 運送業 身元保証書の修正(民法改正対応)
16 製造業 退職勧奨(助言・同席)
17 製造業 社内研修(下請法)
18 運送業 契約書チェック(土地賃貸借契約書)
19 小売業 従業員からの残業代請求(示談交渉)への対応
20 建設業 従業員からの残業代請求(訴訟)への対応
21 住宅建築 請負契約書の修正(民法改正対応)
22 製造業 契約書作成(売買契約書)
23 保険代理店 交通事故
24 食品加工業 内容証明郵便の作成・送付
25 住宅建築 コンサルティング契約の解約交渉
26 医療・福祉 関係法人の監事
27 建設業 名誉棄損に対する損害賠償請求(示談交渉)
28 マンション管理組合 管理費等の請求(示談交渉)
29 発電事業 人事評価制度改定時のサポート
30 発電事業 契約書チェック(請負・委託関係の契約書)
31 医療・福祉 労働審判(不当解雇)への対応